自営業の事業資金調達方法 融資 ローン 手形割引の真実

自営業で自分のお店や事務所を持つことは、誰でも憧れるものです。しかし実際には事業資金を集めるため、融資やローンなどに悩むことも少なくありません。

■開業にかかる費用を把握しておこう

自営業として企業を決意し、事業計画書などを作成していくと

開業資金がどれくらい必要になってくるのかといったものを算出していかなくてはなりません。 開業資金には大きく分けて2種類あります。 まず一つが「開業準備資金」。 これは、開業するための準備に必要な資金なのですが、例えばオフィスを借りるのであればオフィスのレンタル料金、オフィスで仕事をするために必要なパソコンなどの道具をそろえるための資金といった具合に、細かく上げていくときりがないほど多くの資金が必要になってきます。

そしてもう一つが「運転資金」です。 運転資金というのは、例えば従業員に支払う給料であったり、毎月必要となってくる家賃といった具合に、月々に決まった出費が運転資金に関わってきます。 このように、開業に必要な資金というのはたくさんあり、十分な資金調達の方法を吟味しておかなくてはせっかく起業したとしても失敗に終わってしまうでしょう。 そこでここでは、開業準備のための資金について紹介していきたいと思います。

●まずは自分の資金を確認しよう

自分の持っている資金というのは、起業を成功させるために絶対に必要になってくるものです。 事前に用意することができる資金の額によって、開業してからの内容が大きく変わってきますし、ローンやクレジットなどの支払いが残っていては、その金額も考慮した上での資金調達が必要になってくるでしょう。

●どのような部分に資金がかかるのかチェックしてみよう

開業資金を準備する上で

どのような部分に費用がかかってくるのかというのを確認し、その上で資金の算出を行っていくというのが一般的です。 次のような部分が一般的な費用もかかるところですのでチェックしてみましょう。

・店舗や事務所: 店舗を借りたり事務所を借りたりするときにかかる費用として敷金や補償金、礼金、家賃、仲介手数料などが考えられます。

・改装工事: 事務所や店舗などをオフィスをして利用するためには改装工事が必要になってくる場合があります。 そのため、内装や外装の工事費や、空調設備費などが考えられます。

・備品: 独立開業するためには、仕事用の電話やファックス、パソコンやプリンターは、様々な事務用品などが必要になってきます。

・広告や宣伝: 名刺やチラシ、ホームページの作成といった具合に、広告や宣伝にかかる費用も忘れてはいけません。

・仕入れ: 商品を仕入れるための費用であったり、材料費であったりと商品に関する費用もきちんと計算しておきましょう。

■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン

■ビジネクスト

中小企業などの経営状況が厳しいとされている現代ですが、運転資金を確保するためにも、消費者金融などからローンを受けたいと考えている人が増えてきています。 しかし、自営業だとなかなか融通の利くところが見つからないというのが実際のところですが、その人たちから高い人気を得ているのがビジネクストです。 ビジネクストは、自営業などが運転資金を確保する上で障害となっている連帯保証人が原則不要となっています。 融資額は50万円から1000万円となっており、どのような状況においても利用しやすいという魅力があります。 融資内容を詳しく知りたい方は↓





■シンキ・オーナーズセレクトカード

経営状況が苦しいだけでなく資金繰りにも苦労している中小企業や自営業。 銀行などから融資を受けようと思ってもなかなか審査が通らなくて、思うような資金調達が出来ていないというのが実際のところです。 そこで、シンキ・オーナーズセレクトカードを利用している人が増えてきています。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは、保証人や担保などが必要なく、融資を受けることができる金額が5万円から300万円に設定されていて、さらには24時間リアルタイムでいつでも利用することができるという魅力的なビジネスローンを提供しています。 利息に関しては、5万円から99万円が18.0%、100万円から200万円が15.0%、201万円から300万円が13.0%となっています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓





■プロミス

中小企業や自営業などでも手軽に利用することができるビジネスローンとしてプロミスの自営者カードローンがあります。 資金調達の選択肢の一つとして人気を集めており、融資を受けやすいという特徴があります。 実際に、担保や保証人が必要ないので、誰でも気軽に利用することが出来ますし、ビジネスとして利用するだけでなく、プライベートな資金調達としても利用することが出来ます。 借入の金額は300万円までとなっており、当日からの融資を受けることができるといったスピード融資も可能となっているので、中小企業や自営業として利用しやすいビジネスローンだといえるでしょう。

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ


■モビット

モビットのキャッシング論では、自営業も利用することができるとされています。 貸付金額に関しては、1万円から500万円まで。 金利は4.80%から18.00%までとなっていて、幅広い利用目的に使うことが出来ます。 事業資金として利用することも出来ますし、プライベートな資金としても利用することが出来ます。

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ

自営業の資金について

事業を始めるためには開業手続が必要です
事業を始めるにはどんなことにお金がかかるか
自宅で開業するメリットとデメリットについて
支払う税金を少しでも少なくするために知ろう!